Curriculum

ビジネス活用のためのAI・人工知能研修技術革新に対応する組織をつくる

ねらい

AI を筆頭に産業構造や就業構造を変える可能性のある技術革新が起きています。そんな時代においては、環境の変化にいち早く気づき、対応することが重要です。本研修では、この変化に気づくための土台となる知識を、AIを中心に学んでいただき、変化に対応できる組織を作ることを目指します。AIとは何なのか、どんなことができるのか、どうすればできるのかという疑問に、世の中の活用事例を紹介しながら答えます。

内容 手法
1.第四次産業革命と先端技術
  • (1)第四次産業革命とは
  • (2)歴史・背景
  • (3)先端技術について
  • 【ワーク】これから5年で、技術革新により仕事がどう変わっていくかを考える
講義/ ワーク
2.AIの活用事例
  • (1)AI(人工知能)について
  • 【ワーク】身の回りのAIについて挙げてみる
  • (2)AIの活用事例の整理と紹介
講義/ ワーク
3.AIの基本知識
  • (1)AIの歴史・背景
  • 【ワーク】AIを用いた自動販売機を考える
  • (3)AIの現状と今後
  • 【ワーク】AIの導入に伴い増える業務について考える
  • 【参考】AIの普及による働き方・生活への影響
講義/ ワーク
4.AIで改善すべき課題を考える
  • (1)AI導入のステップ
  • (2)AI導入のポイント
  • (3)改善対象の抽出
  • 【ワーク】 自組織の抱える課題を6つの視点で洗い出す
  • (4)テーマの選定 (改善対象の絞り込み)
  • (6)課題別に解決手法を検討する(AI,RPA,システムの特徴を理解する)
  • 【ワーク】職場で導入してみたいAIを挙げてみる
講義/ ワーク
5.職場でAIを活用するには
  • (1)職場で始めやすいAIとは
  • (2)AIを現場で使うための準備
  • (3)改善対象の抽出
  • (4)導入するチームを策定する(ベテラン、若手の役割を意識する)
  • (5)現在の職場でAIを活用する計画の策定
  • (6)課題別に解決手法を検討する(AI,RPA,システムの特徴を理解する)
  • 【ワーク】学んだことを踏まえ、職場でAIを活用する計画を策定する
講義/ ワーク
6.AIの費用と成果
  • (1)AIの費用と成果
  • (2)AIの導入にかかるコスト
  • (3)精度を上げるためのコスト
  • (4)AIで開発するツール
  • (5)ツールの比較
  • (6)成果に対するプロジェクト管理者としての心構え
講義/ ワーク

Company Profile_

社名
株式会社未来創造&カンパニー
設立
2012年1月
主な事業内容
講師派遣型研修事業
役員
取締役会長 豊川 正美
代表取締役社長 谷村 聖弌
取締役 市川 紀子
所在地
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町 1-19-1
神田橋パークビル 5階
TEL:03-6868-7413
FAX:03-6273-7875
関係会社
株式会社インソース
ミテモ株式会社
株式会社らしく

資料請求・お問い合わせはこちら
03-6273-7780
info@miraisouzou.co.jp