Curriculum

業務プロセス改善研修(1日間)

ねらい

・業務のプロセス分解と業務の流れを図解化するスキルを習得する。
・可視化された業務から「改善の余地」を発見できるようになる。
・業務改善を具体的に進められるようになる。

内容 手法
1.業務をプロセス分割して考える意味
  • (1)業務をプロセスで分割し、考える意味
  • (2)【ワーク】自部署の業務をプロセス分割し、分析してみる
講義/ワーク
2.フローチャートのしくみ
  • (1)フローチャートを構成する要素
  • (2)記号とその意味
  • (3)流れのパターン
  • (4)作成上の約束
講義
3.改善対象業務の業務フローを作る
  • (1)対象業務を洗い出す
  •  ①仕事量 ②リスク ③コスト ④時間軸 など
  • 【ワーク】自部署の業務を様々な視点から洗い出し改善対象を決める
  • (2)改善対象業務の業務フローを作る
  •  ①対象業務を分解する ②業務に関わる人物を洗い出す
  •  ③フロチャートの形に落とし込む
  • 【ワーク】業務を作業に分解し、フローチャートを作成する
講義/ワーク
4.業務フローの分析、検証
  • ■業務の流れから業務を評価する
  •  ①業務の非効率性②業務におけるリスク
  • 【ワーク】改善点を特定する
講義/ワーク
5.原因追究
  • (1)現象と原因
  • (2)原因を徹底的に考える
  • (3)原因を体系的に考える
講義
6.対策の立案・検討
  • (1)対策立案の基本
  • (2)対策立案のポイント
  • (3)対策検討のポイント
講義
7.対策の実施
  • (1)改善に向け人を動かすための工夫
  •  ①周囲のやる気を引き出す ②キックオフミーティング
  •  ③活動のためのフレームワークを準備する
  •  ④自ら熱意を持って取り組む
  • (2)途中経過の検証・計画の修正
講義
8.効果確認、改善の定着・継続
  • (1)改善効果を確認する 
  • (2)改善を定着・継続させる
  •  ①定期的な効果測定 ②業務改善を日常業務の取り入れる
  •  ③飽きさせない工夫 ④成果を組織内に情宣する ⑤例外を作らない
講義
9.業務プロセス改善企画書を作成する ワーク