Curriculum

英文契約書研修(1日間)

ねらい

・講義とワークを通じて、英文契約書の読み方の視点を実践的に身につける

内容 手法
1.英文契約の基礎 ~英文契約の特徴とリーガル・リスク
  • (1)英文契約の特徴 ~日本の契約と比較して
  • (2)英米法の特徴 ~日本法と比較して
  • (3)国際取引のリスクと英文契約のリーガル・リスク
  •  ・契約の成立(約因) ・書面の意義
  •  ・リーガル・リスクが顕在化した例
講義
2.英文契約書の基礎 ~英文契約書のチェックポイント
  • (1)英文契約書の読み方のポイント
  •   ~構成、文体、基本的な用語・表現の特徴をつかむ
  • (2)英文契約書の構成 ~テンプレート化
  • (3)英文契約書の英語の特徴 ~古い文体、契約専門用語800語
  • (4)頻出する表現と注意すべき表現
  •  ・権利義務の表現 ~shallとmay
  •  ・数字 ~金額、期間、期限
  •  ・条件 ~ただし書き、除外、例示、選択権
  •  ・ラテン語表現  など
  • (5)一般条項
  • 定義/秘密保持/契約期間/期間満了前の解除/契約終了の効果・存続
  • 条項/完全合意/準拠法/裁判管轄/不可抗力/見出し など
  • (6)重要条項
  • 【ワーク】実質的に読まなければならない箇所にマーキングしよう
講義/ワーク
3.英文契約書の読み方 ~典型的な契約書のチェックポイント
  • 【ケース・スタディ】実際の契約書から2例ほど選択しそれぞれどこをチェックしなければならないかを考える
  • (1)レター・オブ・インテント
  • (2)秘密保持契約書
  • (3)売買契約書
  • (4)業務委託契約書
  • (5)ソフトウェアライセンス契約書 など
講義/ワーク
4.英文契約の実務上の留意点
  • (1)短時間で読むポイント ~契約書が送付されてきたときの初動
  • (2)交渉のポイント
  • (3)締結前のチェック方法 ~弁護士の使い方
  • (4)eメールでのやりとりのポイント
  • (5)契約書の形式 ~署名、綴じ方、訂正のしかた、収入印紙など
  • (6)英文契約書のサンプル、インターネットの利用法
  • 【ワーク】長文の英文契約書を5分でチェックしよう
講義/ワーク
5.アクション・プランの作成
  •  ※自分の課題を洗い出したうえ、今後の学習プログラムを考える
ワーク