Curriculum

ディベート実践研修(1日間)

ねらい

・困難な局面で、主張し、討議するのに必要なスキルと意識を身につける
・グローバル人材を育てる

内容 手法
1.変化するビジネス環境と自社への影響
  • (1)世の中の流れから見た影響
  • (2)業界への影響
講義
2.ディベートとは
  • (1)ディベートとは
  • (2)ディベートの定義
  • (3)ディベートの効果
  • (4)ディベートにおける弁論の種類
講義
3.事業判断ケーススタディ①(グループディスカッション)
  • 【テーマ例】A社のX国における鉱山の権益取得
  •  ①資料を読み込み、個々人で考えを整理する
  •  ②グループとして見解を共有する
  •  ③グループ毎の意見発表
  •  ④講師からのフィードバック・解説
講義/ワーク
4.事業判断ケーススタディ②(ディベート)
  • 【テーマ例】B社によるY国の医療機器メーカーC社買収
  • (1)ディベート準備
  • (2)ディベートの実施
  •  ①賛成派が自説の根拠を説明
  •  ②反対派による質疑
  •  ③反対派による反駁
  •  ④賛成派による二次反駁
  • (3)講師からのフィードバック
  •  ※以下ディベートの進め方は同様
ワーク
5.事業判断ケーススタディ③(ディベート)
  • 【テーマ例】D社のカメラ事業撤退
  • 【テーマ例】E社のLCC進出
ワーク
6.まとめ ~事業判断のポイント 講義