Curriculum

ディベート初級研修(1日間)

ねらい

・実際にディベートを行い、「意見をぶつけ合うことによって最適解に辿り着くプロセス」を実感し、その重要性を意識できるようになる

内容 手法
1.ディベートとは
  • (1)ディベートとは?
  • (2)ディベートの定義
  • (3)ディベートの効果
  • (4)ディベートにおける弁論の種類
講義
2.ディベートの前に
  • (1)ひと言で言うと何か、を考える
  • (2)ピラミッド構成を意識する ~大きなところから小さなところへ
  •  ①メインメッセージ
  •  ②内容要旨
  •  ③詳細内容
  • (3)相手を意識した話の組み立て
  •  ①話すスピードを考える
  •  ②あいまいな言い方はしない
  •  ③相手に身近な例えを用いる
講義
3.ミニディベート
  • 【ワーク】グループでミニディベートを行う
  • 【テーマ例①】テレビゲームを子供にやらせることについて
  • 【テーマ例②】飲み会を情報共有の場として義務化すべきか否か
ワーク
4.ディベートの注意点 講義
5.自社の経営課題からディベートのテーマを決める
  • 【ワーク】中期経営計画の達成に向けて、自社の事業戦略を洗い出し、事業戦略における賛成の意見と反対の意見をグループ内で意見をまとめる
ワーク
6.実践ロールプレイング
  • 【ワーク】5で決定したテーマでディベートを行う
  •  ~チームによるトーナメント形式、1試合約40分で実施
ワーク
7.まとめ
  • 【ワーク】研修で気付いたことを振り返り、実務で実践することを発表する
ワーク