Curriculum

次世代リーダー研修~自らの意思と能力で未来を切り拓く(全3回・計6日間) アクションラーニング

ねらい

次世代を担うリーダー層に対して、戦略的マネジメントと意思決定の本質を教え、実際に実行可能なプロジェクトや事業への取り組みと、成功を支援することで次世代リーダーを育成します。
次世代リーダーが取り組む戦略課題は、イノベーション・マネジメント(新規事業開発、新製品・サービス開発、研究開発戦略/R&Dマネジメント)から個別事業の成長戦略、大規模投資の意思決定、グローバル戦略や事業ポートフォーリオ戦略など非常に多岐にわたります。
本研修は、これらの重要でかつ、困難な意思決定を行う次世代リーダー達が、スタンフォード大学発祥の意思決定理論をベースとした戦略的意思決定力向上手法、「ディシジョンマネジメント」を学びつつ、実際の事業テーマから具体的なアクションプランを作成・役員発表までに至る一連の流れになっています。
まさに研修での学びを実務に直接結びつける実践的な内容になっております。 ※今回お示しするプログラムは、あくまで一つのひな型です。
アクションラーニングを実際に行う際は、実施期間、内容、進め方などお打合せの上ご提案いたします。

■コンサルタントのご紹介
本研修については、籠屋邦夫講師が担当いたします

内容 手法
【初回・2日間】
【1日目】
  • 1.経営層からの講話
  • 2.戦略的意思決定を導くリーダーの役割
  •   ~パッション、戦略構想、戦略の具体性
  • 3.ディシジョンマネジメントとは
  •  ①困難な状況への取り組み姿勢
  •  ②意思決定の覚悟
  •  ③意思決定への取り組み方
  •  ④不確実要因のとらえ方
  •  ⑤価値判断尺度(うれしさ総額とNPV)  など
  • 4.ディシジョンマネジメントの基本(1)
  •  ①戦略アジェンダ(戦略課題リスト)の設定
  •  ②戦略構想とフレーミングの発想起点
  •  ③創造的戦略構想づくり
  •  ④戦略の中身と作り込み作業
    (ディシジョン・ヒエラルキー/ストラテジー・テーブル)
  • 5.フレーミング演習
  • 6.取り組むべき事業テーマの検討
講義/ワーク
【2日目】
  • 1.前日の振返り
  • 2.グループ別事業テーマの発表とディスカッション
  • 3.ディシジョンマネジメントの基本(2)
  •  ①収益モデル/ビジネスモデル/リスクリターン分析
  •  ②戦略提案に関するディスカッション
  •  ③企業文化変革へのアプローチ
  •  ④事業構想や物事への取り組みにおける発想の心構え
  • 5.グループ別事業テーマの具体化/作戦会議
  • 6.今後の進め方について
【2回目・2日間】
【1日目】
  • 1.前回の振返り
  • 2.グループ別事業テーマの発表
  •  ~ドラフトの発表と講師および、他チームからのフィードバック
  • 3.グループ別討議
  •  ~フィードバックをふまえて事業テーマについて討議
  • 4.まとめ~2日目に向けて
講義/ ワーク
【2日目】
  • 1.中間発表
  •  ディシジョンボードメンバー(エグゼクティブ・経営陣)への発表・フィードバック
  • 2.グループ別事業テーマの具体化/作戦会議
  • 3.今後の進め方について
講義/ ワーク
【最終回・2日間】
【1日目】
  • 1.前回の振返り
  •  ~前回の中間発表をうけて
  • 2.グループ別事業テーマの発表
  •  ~ドラフトの発表と講師および、他チームからのフィードバック
  • 3.グループ別討議
  • 4.まとめ
  •  ~2日目の最終発表会にむけて
講義/ ワーク
【2日目】
  • 1.最終発表前クラスレビュー
  • 2.最終発表
  •  ~ディシジョンボードメンバー(エグゼクティブ・経営陣)への発表・フィードバック
  • 3.まとめ
講義/ ワーク