Curriculum

ディシジョンマネジメント・ワークアウト(2日間) ~戦略的意思決定力を鍛える

ねらい

実践的なケースを活用して不確実性環境下でのスタンフォード大で開発・実践されている戦略意思決定技法・思考を学びます。
シナリオが見えない状態から戦略の方向性とそのコスト要因を分析しつつ、意思決定に必要な項目(ツール)をケース内での多様な局面を通じて当事者としての意思決定手法とそのマインドを何度もチャレンジしていただきます。
この取り組みは新たな事業価値創造を実現するために避けて通らなければならない道筋であり、またこの意思決定技法は事業化のみならず、これから開発する製品、研究等のR&D領域にも活用でき、ビジネスとして意思決定する場面で戦略的になおかつ定量的にその意思決定を支えます。
一番の効果は意思決定プロセスが見える化できると同時に、ステークホルダーへの説得論理も構築できるため実行出来る戦略が作れるスキルが身に付くという点です。

■コンサルタントのご紹介
本研修については、籠屋邦夫講師が担当いたします

内容 手法
【1日目】
1.はじめに
  • ~2日間の進め方などについて
講義
2.意思決定を駆動力とした事業価値創造(講義1)
  • ~ディシジョンマネジメントの基本の基本をざっと理解
講義
3.意思決定を駆動力とした事業価値創造(講義2)
講義
4.ケーススタディ
  • ~経理課長 星久美子のビジネス人生相談
発表/質疑応答
5.ディシジョンマネジメント(DM)ツールについて
  • ナチュラルユニーク・ケースを使ってツールの説明
講義/ ワーク
6.2日目にむけて
講義/ ワーク
【2日目】
7.前回の振返りと質疑応答
講義/ ワーク
8.新国立競技場のケースの説明(1)
  • 背景からフォースフィールドダイアグラム
  • 演習グループワーク①
  • ~ディシジョン・ヒエラルキー、ストラテジーテーブル、売り・瑕表の作成)
講義/ ワーク/発表/質疑応答
9.新国立競技場のケースの説明(2)
  • ストラテジーテーブル~インフルエンスダイアグラムと数値設定
  • 演習グループワーク②
  • ~ベースケース分析(ウォーターフォールチャート)、感度分析(トルネードチャート)の作成
講義/ ワーク/発表/質疑応答
10.新国立競技場のケースの説明(3)
  • ウォーターフォールチャート~ヴァリュートレードオフ表~提言・解説
講義/ ワーク
11.二日間セッションの振返りと今後への展望
講義/ ワーク