Curriculum

異文化理解研修(1日間)

ねらい

日本と海外の違いを理解したうえで、ビジネスを成功させるために必要な知識や必要な知識や考え方を学びます。

内容 手法
1. 日本と海外の違い
  • 【ワーク】海外でのビジネスの中で文化の違いを感じることを共有
  • 【ワーク】海外でのビジネスの中で意識していることを共有
講義/ワーク
2.コミュニケーションの違い
  • (1)ハイコンテクスト文化
  • (2)ローコンテクスト文化
  • (3)結果とプロセスにおける評価の違い
  • (4)お互いの文化を理解する
  • 【ワーク】コンテクストの違いを意識したコミュニケーションの取り方を考える
講義/ワーク
3.社会性の違い
  • (1)協調性重視
  • (2)個性重視
  • (3)集団と個
  • (4)主語の考え方(We/I)
  • (5)組織に対する帰属意識の違い
  • 【ワーク】価値観の違いを受け入れるにはどうすれば良いか考える
講義/ワーク
4.人間関係の違い
  • (1)尊敬(敬語)
  • (2)親しみ(丁寧)
  • (3)名前の呼び方
  • (4)まわりくどい表現とストレートな表現
講義/ワーク
5.評価の違い
  • (1)質を重視
  • (2)時間を重視
  • (3)長期的視野と短期的視野
  • (4)プロセス重視と結果重視
  • (5)義理人情と損得勘定
  • (6)人脈と契約
  • 【ワーク】評価の違いを踏まえて気を付けるべき点を洗い出す
講義/ワーク
6.異文化理解のポイント
  • (1)言ってはいけない言葉
  • (2)上手くいく言葉
  • (3)文化の壁と言葉の壁
  • (4)コミュニケーションの重要性
講義/ワーク
7.ケーススタディ
  • (1)当初話していたことと、今話している内容が変わっている場合
  • (2)自分たちの間違いを認めない場合
  • (3)「大丈夫です」と言いながら、話の内容を理解していない場合
講義/ワーク
8.まとめ 講義/ワーク