Curriculum

(日本人向け)外国人従業員支援研修(1日間) 外国人従業員の悩みを知り協働する編

ねらい

本研修は、外国人と共に働く日本人の方を対象に、外国人が日本企業で働くことへの負担を少しでも軽減し、組織に定着してもらうために、日本人従業員がどのような点に配慮すると良いのかを学びます。研修効果を実感して頂く為に、自組織の中で働く外国人従業員の方への事前アンケートの実施も可能です。

内容 手法
1.外国人従業員の本音は
  • 【ワーク】日本企業として外国人社員を受け入れるにあたり、不安に思うことは何か考える
  • (1)事前アンケートで収集した、外国人従業員の本音は何かを共有する
  • (2)グローバル時代の「協働」とは
  • ①自分の「当たり前」と相手の「当たり前」は一致しない
  • ②大事なのは歩み寄り
講義/ワーク
2.前提となる文化の違い
  • (1)文化を越えて協働を考える
  • (2)コミュニケーションの違い
  • ~ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化
  • (3)時間意識の違い 
  • ~モノクロニック文化とポリクロニッ文化
  • (4)評価の違い ~プロセス重視と成果・結果重視
  • (5)マネジメントの違い
  • ~トップダウン、ボトムアップ、ミドルアップダウン
  • (6)大切なのは相互理解とコンセンサスビルディング(認識のすり合わせ)
講義
3.日本の商習慣・文化を考える ~外国人の目にはどう映るのか
  • (1)日本人が前提として期待していることを再認識する
  • ①集団志向 ②縦社会(年功序列、先輩後輩の関係性) ③顧客優先
  • (2)外国人従業員が不思議に感じる日本の傾向
  • ①時間意識 ②責任範囲の曖昧さ ③判断への慎重さ
  • ④曖昧性の重要性
  • (3)外国人従業員が戸惑う日本人の対応と表現
  • 【ワーク】自部署で用いる表現で、外国人従業員が戸惑うものがないか考える
  • 【参考】年代や属性によっても異なる「当たり前」 ~外国人だけが悩んでいるわけではない
講義/ワーク
4.外国人従業員と働く
  • (1)ローコンテクスト文化的に伝える
  • (2)日本の商習慣と共有したい知識を教える
  • 【ワーク】日本の商習慣を、論理的に説明する
  • ①責任の所在 ②忠誠心の重要性 ③判断には時間がかかる
  • ④密な報連相
  • (3)日本の職場習慣を教える
  • 【ワーク】日本の職場習慣について、論理的に説明する 
  • ①会議、②稟議、③報連相
講義/ワーク
5.組織として外国人従業員の定着化を図る
  • (1)外国人従業員は孤立しやすい
  • (2)話すこと・話を聴くことの重要性 
  • ~One on One Meetingのススメ
  • (3)メンター(支援者・相談窓口)を設ける
  • 【ワーク】外国人従業員のメンターをアサインし、役割と支援方法を明確にする
講義/ワーク
6.まとめ 講義/ワーク