Curriculum

海外事業戦略研修(2日間)

ねらい

・海外事業を展開するにあたって、有効かつ現実的な戦略を立てられるようになる
・環境分析の手法やグローバルマーケティングについての考え方、自社の課題発見のための視点を身につける
・海外事業企画書を作成するワークを通じて、スキルのアウトプットを行い、実践力を高める

内容 手法
【1日目】
  • 1.変化するビジネス環境と自社への影響
  • (1)この20年間の社会的変化のキーワード
  • (2)世の中の流れから見た影響
  • (3)業界への影響
  • (4)社会変化とともに変わる経営戦略
  • 【ワーク】取り巻く環境の変化を踏まえ現在の自社の課題を具体的に考える
  • ※講師からの講義及び質問を通して、世の中の流れがいかに自分のビジネスに直結するものなのか?について理解を深めるとともに、管理職として・ビジネスパーソンとして危機感をもつ。また分析手法を学んでも管理職として活用できていないことを理解する。
講義/ワーク
2.環境分析
  • (1)経営環境の分析手法 
  • ※改めて経営環境の分析手法(PEST分析/SWOT分析)を学ぶ
  • (2)【ワーク】経営環境分析演習
  • (1)の講話内容と講義内容を踏まえ、
  •  ①グループの外部環境の機会と脅威について分析する
  •  ②自社の外部環境の機会と脅威について分析する
講義/ワーク
3.経営環境分析発表 講義
【2日目】
  • 4.グローバルマーケティングに向けて
  • (1)ローカリゼーションとは
  • (2)新しいマーケットを理解する
  • 【ワーク】自社の強み・弱みを活かしたグローバルマーケティングを考える
講義/ワーク
5.自社の課題発見・解決について考える
  • (1)課題発見のための視点
  • ※課題を洗い出すための4つの視点(財務、顧客、業務、人財育成)について学ぶ
  • (2)【ワーク】自社が取り組むべき課題を検討する
講義/ワーク
6.マーケティング戦略と自社の課題を踏まえた海外事業企画書を作成する
  • 【ワーク】経営戦略の自分化と自部門の課題認識
  • これまでの環境分析・課題認識をもとに、自社の海外事業戦略を捉える
  • 具体的には5(2)で明確にした課題とマーケティング戦略を紐づける。
  • その上で当部門として取り組むべき課題とは何か?を考える。
講義/ワーク
7.海外事業戦略企画書発表 講義
8.まとめ 講義