Curriculum

管理職向けアセスメント研修(3日間)

ねらい

経営戦略・中期経営計画を、「自分の言葉で語り、部門の方針を示す」ことのできる管理職(ミドルマネジメントモデル)を養成する研修です。
アセスメントでは、単に戦略思考の知識の有無を測定するのではなく、企業の価値判断基準に沿っているかという可否そのものを測定し、管理職としてふさわしい「考え方」「捉え方」についての課題を明確にします。 下記の3つを考え抜ける管理職になっていただくことを目指します。
・会社として、部門として収益・利益をいかにして上げるか
・与えられた目標をいかに達成するか
・そのために施策として何をすべきか
これらについて、自組織の置かれた環境や組織課題を分析した上で、実現に向けたアクションプランを策定していただきます。
研修事前・事後に同様の課題を出し、研修を通じて回答の精度がいかに向上しているかを測定します。 また、研修内でアセッサーを配置し、グループワークやディスカッションにおける発言内容やコミュニケーション力・リーダーシップ力などを確認します。
アセスメントシートは、貴社の管理職に求められるあるべき姿をヒアリングし、設計します。

内容 手法
【1日目のテーマ】
  • (激動のビジネス変化を踏まえ、管理職として健全な危機感を持つ
1.変化するビジネス環境と自社への影響
  • (1)世の中の流れから見た影響
  • (2)業界への影響
講義/ ワーク
2.経営企画部門講話 ~自社の経営方針を改めて確認する
講義/ ワーク
3.環境分析
  • (1)経営環境の分析手法
  • (2)【演習】経営環境分析演習
講義/ ワーク
【2日目のテーマ】
  • 環境分析・課題認識を行った上での「経営戦略の自分化」
4.マーケティングと戦略思考
  • (1)市場志向の戦略づくり~生活者志向のマーケティング
  • (2)【演習】当社の強み・弱みを活かしたSTPマーケティング
講義/ ワーク
5.自社の課題発見・解決について考える
  • (1)課題発見のための視点
  • ・課題を洗い出すための4つの視点について学ぶ
  • 「財務・顧客・業務・人財育成」
  • 【ワーク】 自組織の抱える課題を6つの視点で洗い出す
  • (2)【演習】自社が取り組むべき課題を検討する
講義/ ワーク
6.経営企画部門講話 ~自社の経営戦略を改めて確認する
講和
7.自部門の課題認識と管理職としての役割認識
  • (1)これからの管理職に求められるもの
  • ①管理職として求められる役割の変化
  •  ⇒トップダウンだけを前提としない。自分の信念・信条をもって明確な方針を示す力
  • ②管理職としての権限と責任、意思決定
  • ③管理職に求められること
講義/ ワーク
【3日目のテーマ】
  • 自部門の経営計画と具体的な施策を自分の言葉で部下に語る
8.目標設定と活動計画
  • (1)目標設定と実現のために
  • (2)【演習】自部門における目標設定
  • ~達成に有効な具体的施策を考え、活動計画を策定
講義/ ワーク
9.リーダーとしての推進力/調整力
  • (1)施策を実現する上での推進力/調整力のポイント
  • (2)【演習】施策の進め方作成
講義/ ワーク
10.【プレゼンテーション】活動計画のプレゼンテーション
  • 活動計画を自部門のメンバーに伝える想定でプレゼンテーションを行う。グループ内で相 互にコーチングを行い受講者同士でフィードバックを行う。
講義/ ワーク