Curriculum

海外出張者研修(1日間)

ねらい

「日本と現地の違いを理解し、克服する」というテーマのもとに、海外出張するうえで求められる知識とスキルを身につける研修です。
「知識」では異文化に対する理解を深め、「スキル」では海外におけるコミュニケーション法や人材活用法、そしてリスク管理法を習得します。
海外出張を成功に導くヒントをわずか1日間で得られます。

内容 手法
1.文化とは何か
  • (1)文化的違い
  • (2)ステレオタイプとカテゴリー幅
  • 【ワーク】カテゴリー幅を知る
講義/ワーク
2.異文化コミュニケーション
  • (1)性善説と性悪説
  • (2)トップダウンとミドルアップ・ミドルダウン 
  • (3)ハイコンテクスト文化 
  • (4)ローコンテクスト文化
  • (5)お互いの文化を理解する
  • 【参考】エドワード・T・ホールの文化論 
  • (6)個と集団 
  • (7)主語の考え方 
  • (8)組織への帰属意識の違い 
  • (9)ビジネスにおける価値観の違い 
  • (10)文化のギャップを理解する 
  • 【ワーク】現地社員とのコミュニケーションの取り方について、良くない点と本当はどうすべきだったのかを考える 
講義/ワーク
3.海外出張者の役割とは?
  • 【ワーク】現地社員や現地法人から求められる役割とは
  • (1)海外出張者に求められる役割 
  • (2)日本と海外での役割の違い
  • 【ワーク】海外出張者としての留意点(その1 コミュニケーション編)
講義/ワーク
4.現地での人材活用術
  • (1)日本でのポイント
  • (2)海外での人材活用術を考える
  • (3)海外での人材評価基準とは
  • 【ワーク】海外出張者としての留意点(その2 命令・指示、指導編)
講義/ワーク
5.リスクマネジメント
  • (1)リスクマネジメントのポイント
  •  ①リスクマネジメント(危険管理)とクライシスマネジメント(危機管理)とは違う
  •  ②クライシスとリスクを区別する理由
  • (2)日常的な取り組み
  • 【ワーク】海外出張者としての留意点(その3 ミス・トラブル編)
  • (3)リスクマネジメントの具体例~ケーススタディ
  • (4)日本と海外の対比
  • 【ワーク】自分の身の回りのリスクを洗い出す
  • 【ワーク】出張先で想定されるリスクを洗い出し、リスク相関図を作成する
講義/ワーク
6.まとめ ワーク