Curriculum

異文化理解研修~海外赴任前の準備編(2日間)

ねらい

・異文化を意識した接し方・行動や、ビジネスで必要になる英語をワークを通じて実践し、「自分にもできる」ということを実感する
・海外展開が持つ可能性や海外勤務で望めるキャリアアップを知り、考えることを通じて、海外赴任の魅力を感じる

内容 手法
【1日目】
  • 1.はじめに
  • 【ワーク】自社の海外展開について、どのように関わりたいか、また不安に思うことはなにかを共有する
講義/ワーク
2.文化とは何か
  • (1)文化的違い
  • (2)ステレオタイプとカテゴリー幅
  • 【ワーク】図示されたサンプルと同じカテゴリーだと自分が考えるものを選ぶ
講義/ワーク
3.異文化コミュニケーション
  • (1)ハイコンテクスト文化
  • (2)ローコンテクスト文化
  • (3)「コンテクスト共有の違い」がもたらすもの
  • 【ワーク】自分自身はどちらの価値観の方を強く持っているか
  • 【参考】エドワード・T・ホールの文化論
  • (4)ビジネスにおける価値観の違い
  • (5)お互いの文化を理解する
  • 【ワーク】例示された日本人マネージャーと外国人スタッフの会話で、本当はどう対応するべきだったのかを考える
講義/ワーク
4.日本と海外の違いを考える
  • (1)事例① ~タイ
  • (2)事例② ~中国
  • (3)事例③ ~ベトナム
  • (4)事例④ ~マレーシア
講義/ワーク
5.海外赴任者の役割とは
  • (1)海外赴任者としての心構え
  • (2)リーダーとしての役割
  • (3)海外赴任者としての留意点(その1 コミュニケーション編)
  • (4)海外赴任者としての留意点(その2 命令・指示、指導編)
講義/ワーク
【2日目】
  • 6.自社の海外展開を考える
  • 【ワーク】なぜ、海外展開をしていかなければならないのか考える
  • (1)世の中のグローバル化の流れ
  • (2)海外展開の目的
  • (3)海外展開のロードマップの作成
  • 【ワーク】海外展開ロードマップの作成
講義/ワーク
7.海外勤務でキャリアアップを図る
  • (1)はじめに~日本では想像できない出来事が、海外では日常茶飯事である
  • (2)海外でキャリアを積むことを想像してみる
  • 【ワーク】海外赴任することで、自分はどのように成長できるか
  • (3)海外勤務によって得られるもの
講義/ワーク
8.サバイバル英語で必要な心構え
  • (1)ビジネスで必要な英語とは
  • (2)英語に対するアレルギーをなくす
  • (3)「聞く」を上達させる
講義/ワーク
9.実践サバイバル英語
  • 仕事・赴任・生活のそれぞれのケースにおいて、自分が話せる英語を使って会話する
講義/ワーク
10.まとめ~アクションプランの作成
  • 【ワーク】今後自分が取り組むことを発表する
講義/ワーク