Curriculum

(外国人・帰国子女向け)日本人と一緒に働くためのコミュニケーション研修(1日間)

ねらい

本研修では、
①日本企業の特徴~背景や意図の理解
②日本人のコミュニケーションの取り方
③よく使われている言葉の意味や使い方
④円滑なコミュニケーションに必要なスキル『挨拶・聴く・訊く』をポイントに学ぶ

日本企業で働く際に必要な組織で円滑に意思疎通を図るためのコミュニケーションスキルの修得を図ります。

内容 手法
1.日本と自身の文化圏の違い
  • 【ワーク】日本に来て驚いたことや、イメージと違うことについて考える
  • (1)日本と海外の違い~ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化
  • (2)日本の組織における商習慣・ビジネスマナー
  • 【ワーク】日本と自身の文化圏の商習慣・ビジネスマナーの相違を考え、比較する
  • (3)日本企業の特徴を理解する
  • 【ワーク】これから気をつけることを具体的に考える
講義/ワーク
2.日本における組織の中のコミュニケーション
  • (1)仕事の流れ
  • (2)仕事をもらう
  • 【ワーク】仕事を引き受けるにあたり、上司にどのような確認・質問の仕方がいいかを考える
  • (3)仕事を進める上で気をつけるべきこと~報・連・相はなぜ必要か
講義/ワーク
3.日本人とのコミュニケーションにおける背景
  • (1)日本人の特徴
  • 【ワーク】「和」に関連する日本語のキーワードの具体的な意味を考える
  • (2)本音と建て前の文化
  • 【ワーク】日本語の本当の意味を考える
  • 【ワーク】「すいません」の意味を考える
  • 【ワーク】「完璧・完全」、「問題ない」の使い方を考える
  • 【参考】言葉遣い・敬語
講義/ワーク
4.日本企業における円滑なコミュニケーションの取り方
  • (1)コミュニケーションの重要性
  • (2)より相手に話してもらう為、より詳しい情報を得るために「訊く」
  • 【参考】コミュニケーションのポイント
  • (3)「聴く」スキル
  • (4)相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
  • 【ワーク】学んだ「聴く」スキルを実践する
  • (5)「訊く」スキルとは?
  • (6)「訊き方」の種類
  • 【ワーク】学んだ「訊く」スキルを実践する
講義/ワーク
5.まとめ
  • 【ワーク】今回の研修で学んだことを整理し、特に今後仕事の中で意識すること、心がけることを優先順位を付けて3つ決めてグループ内で発表する
ワーク